鬱の再発

鬱の再発

鬱病というのは一度治ったと思っても、再発しやすい病気です。

鬱病は、色々とある病気の中でも、特に再発率が高いと言われている病気でもあります。

再発率が高い病気でもありますから、鬱病に一度かかって、状態が良くなったとしても、3年は、特に注意して過ごす必要がるといってもいいでしょう。

鬱病というのは、なりやすいタイプがあるとも言われています。

鬱病になる人というのは、一度かかったからといって、もう二度とかからないという抗体があるような病気ではないので、鬱病になりやすいという場合には、再発を繰り返す可能性もあるのです。

では鬱病の再発を防ごうと思ったら、どうすればいのでしょうか。

鬱病が再発しないようにするためには、鬱病の治療に使われている、SSRIを使って治療を進めたり、認知療法を行うことがされています。

再発を防止するためには、治癒してからも、しばらくの間は、鬱病の治療薬として知られているSSRIを半年は飲み続けることが必要です。

鬱病が良くなったからといって、すぐに薬をやめてしまうのではなくて、しばらくは飲み続けることで、再発する確率を減らすことができるのです。

他にも再発予防をするために、認知療法を行ったり、心理療法を行うということも重要です。

鬱病が再発しやすい人というのは、鬱病になりやすい人ということになりますから、なりにくい体質に改善するために認知療法や心理療法を行うのがいいと思います。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム