Pocket

本田昌毅 本田メンタルクリニック総院長テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム 本当に可能? 効果あり?

→詳細はこちら

本田昌毅 本田メンタルクリニック総院長さんのテレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラムが、すごいって話題だよね。

以前はありがとうございました。

いつの間にか体調不良が当たり前で、休みの日 にはどこにも行きたくないし、
何もしたくない自分に なってしまいました。

1ヶ月たつ今、会社に行くこともできるようになりました。

病医院に行くと、本田昌毅先生から「精神的な ものからくるものですね」と言われ、
「うつ」という言葉も少しでました。

私は、自分でも「うつ」かなと何となく気づいていたものの、ショックでした。

ありがとうございます。

ある朝、布団から起き上がることが出来ずに欠勤 しました。

私は、会社に勤めて11年、毎日混雑した電車で会社へ。

一年前から気の合わない上司と残業の日々が続きました。

こんな私でも最後まで読むことができ、出来ることから少しずつしていきました。

ただ、そんなに簡単にいくのかは、疑問だよね・・・。

このマニュアル、

役立ちました。

この「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム」」のおかげで
私はうつの友人とも普通に接することが出来るようになり友人も明るくなってきました。

私もそうでしたが「うつ」に対しての認識不足や間違った認識のために
知らず知らずのうちにうつ病の人を傷つけていることがあることに気付きました。

うつの友人との接し方を知りたくて、
この「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム」」を購入したのですが、
うつ病という言葉は知っていましたが今まで実際に身内や知り合いなど
身近にうつ病にかかった者がいなかったのでどこか自分には関係ないものだと思っていました。

「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム」」を読んでからは
周りの人が気をつけないといけないことを意識しながら友人と接するようにしているのはもちろんですが
「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム」」に
書かれていたうつ病の人が自分でうつを治す方法を友人に教えてあげました。

そのときは当たり障りのない言葉を選び話題を変えましたが
「これからどう接すれば良いのだろう」
と思い「うつ」について理解しようと思い購入しました。

この「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善「テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム」」には
「うつ」の症状や原因から治療法そして周りが気をつけないといけないことなど
うつ対する全般的なことがらが書かれていてとても役立ちました。

先日友人からうつ病であることを告白されどう対応していいのか分かりませんでした。

実際に実行したようで以前より前向きに考えられるようになったと話していました。

っていうのは、本当なの?

実はネットでも、かなり話題になってる教材みたいだから、
本当だったらすごいかも。

→詳細はこちら