鬱とカウンセリング

鬱とカウンセリング

鬱は精神的な病気ですから、鬱病かな、と思ったら精神科を受診することが望ましいことです。

少し前に比べると今は、精神科といっても診療内科など、鬱病を見てくれる場所があり、敷居も低くなりました。

カウンセリングもその一つで、カウンセリングという言葉を聞いたことはあっても、実際にはどうやって受ければいいのか分からない人は多いかもしれませんね。

カウンセリングは、比較的病院で受診するよりも敷居が高いと感じている人も中にはいるかも知れません。

カウンセリングを受けたいと思っている人は、病院へ行けば、治療の一環として、受けることができる場合もあります。

また、個人でカウンセリングだけを行っているような機関もありますので、鬱病ではないにしても、悩みを抱えていたり、少し不安に思うことなどがあった場合には、一度カウンセリングを受けてみるというのがいいかもしれませんね。

鬱病は精神障害として認識がありますから、精神科へ行くのが一番ですが、病院で、良いカウンセラーがいるから、そちらへ行って話を聞いてもらうという紹介制度を取っているところなどもあります。

鬱の治療方法は人それぞれ違っていて、病院で薬を出してもらって薬物療法で治療をするという場合もあれば、心理療法といって、薬などで治療を行わないで、話をして、カウンセリングで治療を進めるという方法もありますから、人それぞれ、鬱の治療方法は違っています。

その一つに、カウンセリングがあるのです。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム