新型鬱

新型鬱

新型鬱という、新しいタイプの鬱があることをご存じでしょうか?新型鬱というのは、今患者数が激増していることでも知られており、クリニックなどでも新型鬱患者が増えていることで、予約取れないと言われているのです。

そんな新型鬱というのは、どのような鬱状態なのかというと、若い人に目立っている鬱病の一つなのですが、仕事のときだけ鬱になるという、部分的な鬱です。

従来の鬱病といえば、鬱になってしまうと気持ちが落ち込んでしまったりして、仕事が原因であっても、仕事以外の時間にも鬱になっていることが一般的でした。

しかし新型鬱病では、仕事をしているときだけ、鬱の状態になり、仕事の時間以外は普通の精神状態で、会社の外では元気になるという、なんとも都合のいい鬱とも、言われています。

従来の鬱というのは、几帳面な人などがかかりやすいと言われていて、落ち込んだり、自分を責めるというケースが大きかったのですが、最近の新型鬱はそうではありません。

仕事をしているときだけ鬱になり、帰宅したり、仕事以外の時間は普通どおりに活動することができて、自責の念など一切なく、むしろ他の人や社会に対して攻撃的になるというのが特徴です。

新型鬱で、仕事を休職していても、会社に迷惑がかかっているのではないかと心配する気持ちはほとんどないというのが特徴で気にならないようです。

新型鬱は、以前から、あることにはあるのですが、非定型鬱と呼ばれていました。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム