鬱と休職

鬱と休職

鬱になってしまったことが原因で、仕事に行くことができなくなった人は多いと思います。

その場合には、仕事を辞めてしまうのではなくて、休職するというケースが多いと思います。

休職してみると意外とスムーズに鬱の治療に専念できるので、自然に治療ができるというケースもあります。

休職して1か月もすれば、軽い鬱状態にまで回復して、職場復帰ができる人も中にはいるのではないでしょうか。

鬱の治療方法も人によっては色々ありますが、休職して完全に仕事を休むことで休養ができて、楽になる、ストレスから解放される人は多いのです。

日中は眠れる時に眠ってみるといいと思います。

そして医師の診断の上で薬を飲んだり、散歩をしたりカウンセリングを受けるなどして、過ごしてみてはいかがでしょうか。

それまでストレスによって鬱になり、気持が落ち込んでいたという人も、休職することで、やる気が出たり自然と、何かやりたいという気持ちになることが多いです。

そして自然に半日なら働ける状態になり、2日に1回なら全日出勤しても平気になってくると思いますから、そうなれば、鬱で休職していた人も、職場復帰が可能になると思います。

鬱による休職で職場復帰をするということになったら、医師、職場の上司、本人と家族のみんなで話をして、焦らない程度に職場復帰することから始めましょう。

少しずつ普段の状態に戻せるように1か月以上かけて、慣らすことが大切ですから、焦らないようにしましょう。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム