本物のスロートレーニング 山田豊治 Power10トレーニング協会会長スレ 返金保証あり?

Pocket

本物のスロートレーニング 山田豊治 Power10トレーニング協会会長スレ 返金保証あり?

→詳細はこちら

山田豊治 Power10トレーニング協会会長さんの本物のスロートレーニングって、最近、良く聞くよね。

脚とか背中とかを7分間でトレーニングしてしまうものです。
基本のスロートレーニング(POWER OF 10)とフローの7分間を組み合わせれば、
誰でも効果的なトレーニングが可能です。
スロートレーニングのもうひとつの手法「フローの7分間」を採用すれば、
1日に7分のトレーニングで足りるようになります。
フローの7分間は、私がもっとも気に入っている「本物のスロートレーニング」の手法です。
身体的にも凄く効果的なトレーニングです。
それだけでなく、心にも良い効果があります。
忙しい方でも本格的なトレーニングができるようになります。
7分間、トレーニングだけに集中するので、フロー(幸福感に溢れ、ひとつのことに集中した状態)になれます。

自分でも読んで、試してみたいと思うなー。

ネタバレ探してみようかな。

「筋肉が増える」→「基礎代謝があがる」→寝ていても多くのカロリーを消費するようになる。
筋肉の量が10ポンド増えると。
同じ運動を続けていると身体が慣れてきて、少ないカロリーで運動を遂行できるようになります。
大事なのは、筋肉が増えることです。
これは適応反応ですが、体脂肪を減らす場合にはありがたくない話ですね。
1日に500カロリーも余分に燃やすようになります。
こういうことです。

アメリカの学者の中には
「1ポンド筋肉が増えると1日に50カロリー余分にカロリーを消費するようになる。それも安静状態で。」
という人もいます。
筋肉が発達して太くなる、
筋肉量が増える→1日に消費するカロリーが自然に増える→体脂肪が自然に減る→身体が引き締まって見える。
これが真実ですね。
この事実からわかるのは「筋トレをやっただけ」では体脂肪を減らしたり、身体を引き締める効果はないです。
エアロビクス運動の場合、500カロリーを燃やす運動は1時間以上かかるのが普通です。
これが真実です。
ちょっとした算数をやってみましょう。

っていうのは魅力的。

このマニュアルを読めば
悩みは解決するのかなぁ?

→詳細はこちら

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa