鬱と家族

鬱と家族

鬱病にかかってしまったら、本人も大変つらい思いをしますし、いつまでこんな状態が続くのかと、悲観的になり、中には死にたいとまで思ってしまう人も多いと言われています。

しかし実際のところ鬱になったら、本人だけが辛いのではありません。

周りにいる人、家族も、同じようにつらい思いをすることになるのです。

鬱の本人を見ていて辛いだけでなく、やはりどうしてやったらいいのか、この状態をどうすれば改善させることができるのか、鬱の患者本人とともに、悩んで、苦しむというケースが多いのです。

鬱の患者を家族に持ってしまったら、色々と気を使うと思いますが、注意しなければいけないことがあります。

鬱の患者を励まして、元気を出してもらいたいと思うがあまりに、実際には本人にとっては、プレッシャーを与えているというケースもあります。

ですから、鬱の患者と接する場合には、十分に対応には気を付ける必要があるのです。

あまりにも治療を進めすぎたり、治療を焦ったりしてしまうと、鬱の患者にプレッシャーを与えて、治療がうまくいかないこともあるのです。

ですから、鬱病になった人を家族にもったら、温かく、気長に見守ってあげるくらいがちょうどいいのです。

一人で悩んでいる鬱病の人がいれば、医師や医療機関へ一緒について行ってあげて、一緒に治療をしてあげる、それが大切です。

一人で抱えている悩みを少しでも軽くしてあげることも大切なことなのです。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム