鬱の薬

鬱の薬

鬱の治療方法として、薬物治療を行うケースがあります。

鬱の薬は人それぞれ処方される薬が違っているのですが、一般的には抗鬱剤を処方されるケースが多いでしょう。

この抗鬱剤というのは、パニック発作などの治療にも使われる薬なのですが、イミプラミンや、アナフラニールといった薬が有名です。

鬱の薬は、飲んですぐに効果があるというわけではありません。

飲んでから、効果が出るまでには、最低でも、1週間から2週間も時間がかかってしまいます。

速効性のある、抗鬱剤などもありますが、処方される人によっては、時間のかかる鬱の薬を処方されるケースあg多いでしょう。

少しずつ薬が脳に働いてい言って、少量から始めてだんだん増やして時間をかけて、鬱の治療をするということになります。

効果は、1-2週間といわれているのに対して、何と副作用は飲んですぐに表れますから、副作用だけ苦しんで、なかなか最初の1-2週間は効果も出ないで辛い思いをするという人もいます。

具体的な鬱の薬の副作用としては、便秘になる、眠気がきつい、口が渇くなどの症状です。

軽い鬱の人の場合には、ストレスを解消したり、休養することで、何と治療が進むケースもありますが、多くのひとが、鬱病の治療として薬療法を用いて、薬を服用して、少しずつ鬱の症状を軽くするという方法を用いています。

鬱病は、必ず治ると言われていますから、医師の診断の元に、薬を飲んで治療をしていきましょう。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム