産後鬱

産後鬱

産後鬱というのは、妊娠をして出産後に鬱病にかかることを言います。

産後鬱の原因というのは、ホルモンのバランスの崩れから来るものと考えられていますが、産後鬱というのは他にもこれからの不安などが関連していると言われています。

出産という感動と喜びのあと、安堵感からホッとしている人も多いと思います。

そのホッとしたのもつかの間で、赤ちゃんと一緒に、過ごす新しい生活についての不安や負担が、鬱の引き金になっているというケースが多いのです。

産後鬱というのは、しばらくすれば収まりますが、赤ちゃんが夜泣きをしてなかなか寝てくれないというような場合に、ストレスがたまってしまうと悪化することもありますので、そういった場合には、一人で悩まずに、周りにいる人に助けを求めた方がいいでしょう。

産後鬱は、一定の期間を過ぎれば、自然に症状はなくなります。

産後鬱の状態になっていると自分で自覚している人もいれば、自覚しないままパニックになっている人などもいます。

それが、発展して鬱病になることもありますので、注意が必要です。

あらかじめ産後鬱になりやすいと思った人は、なんでも一人で抱え込まずに、周りの人に協力してもらうなどして、乗り切れば、きっと産後鬱の状態も乗り切ることができるのではないでしょうか。

産後鬱は、一時的なもので、誰でもなるというわけではありませんから、それほど気にしないで、ゆったりとした気持ちで産後過ごしていれば大丈夫です。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム