鬱のチェック

鬱のチェック

鬱のチェックを早めにしておくということは、それだけ早期発見ができて、鬱の状態を長引かせたり、悪化させないことにつながります。

鬱というのは早期発見することが大切と言われていますから、早めに鬱であるかどうかのチェックをしたほうがいいでしょう。

鬱のチェックというのは、自分でも手軽にできます。

鬱病によく見られるサインを見逃さないようにして、自分でチェックしてみてはいかがでしょうか。

例えば、毎日やる気が出ない、食欲が出ない、夜に眠れないといった症状がある人は、初期の鬱のチェックポイントに当てはまりますから注意が必要です。

他にも疲れがたまっていると勘違いされやすい倦怠感なども、鬱のチェックポイントに当てはまりますので注意しましょう。

鬱のチェックポイントとして、5つの特徴をあげることができるのですが、ひとつ目としては、気分が落ち込んでしまう、そして2つ目が気分が1日の中で何度も色々と変わる、そして3つ目は、朝早く目が覚めてしまう、4つ目は、テレビを見たり新聞を読みたくない、人とコミュニケーションを取るのがしんどく感じられる、仕事に出たくない、5つ目が、自己否定感です。

これらが、鬱のチェックポイントになります。

自己否定感というのは「どうせ自分はだめな人間だ」と決めつけたり、「私がいると迷惑がかかる」と思ったりすることなども挙げられます。

体調の変化としては、口の中が極端に乾いたり、頭痛がしたり、下痢、耳鳴りなどの症状も挙げられます。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム