鬱の症状

鬱の症状

鬱の症状というのは人それぞれ色々です。

例えば、鬱の症状が出やすい人というのも、人それぞれ色々なのです。

まじめで、普段から同じ生活をしていて、几帳面な人、完璧主義な人というのは、比較的鬱病になりやすいと言われています。

それほど完璧主義でもなく、真面目でもないという人であっても、人生で何かうまくいかないときなどに、鬱病の軽い症状になる人は多いです。

女性と男性で比べてみると、女性の方が鬱病にかかりやすい人は多いのですが、最近は男性でも鬱病に悩んでいる人は多いと言われています。

何かミスをしてしまったり、大切な人をなくしてしまうなど、つらい経験をしてしまうと、多くの人が鬱の症状を発症します。

鬱の症状としては、マイナス思考になったり、ネガティブな気持ちになったり、情緒不安定、そして何にもしたくない、外にも行きたくないというようなことがあります。

鬱の症状の中には、不眠症になってしまう人などもいますし、体がだるくて朝起きられない人などもいるので色々です。

体調不良、食欲不振なども、鬱の症状として挙げられます。

鬱の症状が起きる場所というのは感情に関係している脳の場所が乱れることによって起きると言われています。

ストレスを感じすぎたり、長時間緊張状態が続いていると、鬱病の症状が出やすいとも言われています。

ですから、鬱を予防するためにも、鬱の症状が出ないような生活をする、ストレスをためないようにするなど工夫することが、必要なのです。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム