鬱の予防

鬱の予防

鬱の症状が出やすい人というのは、鬱の予防をしたほうがいいですが、鬱の予防にはどうすればいいのでしょうか。

まず、鬱の予防法としては、自分の制限を減らすことが大切です。

これはしてはいけない、あれもしてはいけないと、色々と制限しすぎると心のバランスが崩れてしまいますから、制限を減らすことが大切です。

そして感情を表に出すようにしましょう。

感情を抑えると鬱の原因につながります。

朝は早めに外に出て散歩をするなどして、太陽の光を浴びたり、運動をすることも大切です。

人生を楽しみながら生きるというような考え方、前向きな考え方をするように努力することも大切です。

ストレスはためないようにして、リラックスできる方法を毎日の生活の中で取り入れましょう。

お風呂に入ってリラックスすることや、気分転換をするのもいいでしょう。

鬱の状態になっている人というのは、体の温度が極端に低下していると言われていますから、お風呂にゆっくりと入って温まりましょう。

そしてまじめな人ほど鬱になりやすいので、予防するには、時には馬鹿になることも大切です。

何か緊張状態が続きそうだと感じたら、肩の力を抜いて深呼吸してみてください。

鬱の人というのは呼吸が自然に浅くなるので、大きく息を吸い込んでいくことも大切です。

毎日忙しくても、心を休めることも大切なので、仕事が休みの日は、心も休んでおきましょう。

これらに気をつけながら、毎日過ごすと鬱を予防できると思います。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム