鬱と離婚

鬱と離婚

離婚というのは結婚に比べると体力もいるので、とても大変なことだと言われていますが、鬱になったことが原因で、離婚に踏み切るという人もとても多いのです。

鬱になる理由は人それぞれ色々と違っているのですが、例えば夫が浮気をして家に帰ってこないことが原因で、鬱になり、そして離婚に至ったという人もいますし、夫の暴力や借金が原因で、鬱になり、そして離婚した人もいます。

夫婦関係はそれほど悪くなかったのに、どちらかが鬱病にかかってしまって、その改善が見られないことで、仕方なく離婚したという夫婦もいるようです。

仕事や人間関係のストレスから、鬱病になり、仕事をしなくなり、家にいることが多くなり、以前のような家族関係に戻ることができなくなったことが原因で、離婚をしてしまったという人は大勢います。

夫が鬱病と診断されて離婚をしたというケースもあるようで、鬱病にかかったことを離婚原因にしている夫婦は意外に多いのが目につきます。

最近では芸能人の離婚の際に、離婚鬱という新しい言葉などもみられるようになりましたから、離婚をするということは、鬱病にもかかりやすい状態になることも想定できますし、鬱病がきかっけで、離婚になるというケースも少なくないということがわかります。

離婚は結婚と違って、とてもパワーがいることですが、それがきっかけで鬱が、離婚後も続き、普通に生活ができなくなってしまったという人も大勢います。

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム